MENU

ヴィトックスαはもともとはアメリカ製?安全性をチェック!

ヴィトックス

 

ヴィトックスはもともとはアメリカで売られていた増大サプリです。

 

アメリカで18週連続(4か月以上)増大サプリ部門で1位を獲得していて、効果が高いとして、世界に広がりました。

 

効果が高いといっても、気になるのはその安全性です。

 

アメリカや中国などではダイエットサプリなどの副作用で死亡例も出てるほど、サプリの副作用は怖いものです。

 

それが、アメリカ製となるとやっぱり不安ですよね。

 

そこで日本のヴィトックスについて調べてみると、日本で販売されてるヴィトックスαとアメリカのVITOXは成分も違うようです。

 

公式サイトの販売店に電話して聞いてみると、日本の「ヴィトックスαEXTRAedition」は日本人向けに、成分も改良を加えて販売しているようです。

 

ヴィトックス

 

アメリカや日本など国によって、サプリにいれていい原材料は法律や規制によって違います。だから、ヴィトックスの原材料もアメリカでは入れていい成分だけど日本ではダメという成分もあるので、日本人向けに改良されてるようです。

 

実際に日本で販売されてる「ヴィトックスαEXTRAedition」は動物系成分と植物系成分、アミノ酸からなる120種類の成分でできています。

 

人工的な成分はまったく入っていません。

 

だから、副作用は起きないようです。

 

ぼくもヴィトックスαを半年実践したけど、吐き気や熱、腹痛などの副作用は一度も起きませんでした。

 

口コミを見ていても、ヴィトックスで副作用が起きたという例は上がってきてないので、副作用の心配はいらないかと思います。

 

 

 

vitox

 

 

 

 

 

 

【よく読まれている記事】